ミャンマーの銀行事情/法人口座を開設!

『銀行口座開設』

 
 
ぬぬぬーん!
 
肝心なことを忘れてまっせ!
 
こんにちは!スタッフNです🙆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
銀行口座を開設して
 
 
 
 
資本金の着金証明書をゲットせねば!!
 
 
 

Sponsored Link

どこの銀行が安全かしら??

 
ミャンマーはチャット(Ks)
 
という通貨が国の通貨なのですが
 
外資系起業の給与や不動産、業務委託、
 
サービス契約等の支払いは基本的にUSD建。
 
 
 
 
 
 
そうはいっても、
 
スーパーやコンビニ、エステ
 
小売店やバスやタクシーなどの移動は
 
チャット建なので、外国人は手持ちのドルを
 
都度チャットに両替し使っています。
 
なので、いたるところに両替所があります
 
 
 
 
 
 

ミャンマー系銀行の信用度

 
 
 
国の通貨をメインで扱っているため
 
 
銀行の信用度も・・・???というのもありますが
 
 
 
ミャンマーの不動産事情
 
ミャンマーの資産家が近年建設ラッシュが
 
続いている”コンドミニアム”への投資を
 
ミャンマーの富裕者層が積極的に行って
 
いるのですが、その価格が落ち
 
“資産として評価されていた固定資産”の
 
価値が減少(減額)しはじめている状況。
 
 
 
 
 
 
 
それを担保に行われていた貸付の返済が
万が一滞った場合、回収相当として
引当てられていた不動産を売ったとしても
当初予定していた回収金額に満たず。。。
貸付が焦げ付く状態になる
ことが懸念されるのです💦
 
 
 
 
 
 
また、近年急激に支店数が増えており
「そのお金はどこからでてるの??」と、
単純に見ていて不安に感じたりもします。
 
 
 
 

リスクを分散させる

 
 
 
 
 
上記のことから、ミャンマー系の
 
銀行に全預金を預けるのは心配なため
 
ミャンマー系の銀行と外資系の銀行
 
両方で口座開設することに🙆
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ローカル(ミャンマー)の銀行

 
 
給与支払い等の便宜的な出納用口座用
 
 
 
割とメジャーなKBZかCBで悩み
 
 
 
 
進出コンサル会社の実績が多い
 
 
 
KBZ銀行で開設することに👍
 
 
 
 
 

Sponsored Link

外資系の銀行で口座

 
 
資金保全用
 
2015年から外資系銀行が参入し
 
現在、13行が支店を持っています。
 
シンガポール系のDBS銀行も
 
支店開設の準備をしている模様。
 
 
 
 
個人株主の小規模会社にあたるため
どの銀行で開設可能かを
 
後日調査することになりました✨
 
 
 
 
 
 
 
 

心が安らぐタンス預金

 
 
 
何と言っても、一番安心なのは
 
 
 
 
 
 
 
 
自己管理でしょう!!
 
 
 
 
 
 
 
ということで、
 
 
 
重要書類の保管と現金の保管用
 
に金庫を購入していました。
 
ヤンゴンでは大型のスーパーや
 
マーケットプレイス、
 
家具で有名なYuzana Plaza
 
(ユザナプラザ)で購入可能です🍀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
デジタルが壊れませんようにm(_ _)m
 
 
 

”個人口座”の開設はミャンマー系の銀行のみ

外資の銀行では行うことができず
 
ローカルの銀行のみで開設可能だそう。
 
 ドルの引出しには支店に来店する必要が
 
あるので、銀行にはお世話にならなさそうです💦
 
(めんどくさがり屋🙆)

 

 


TK、アジアで財閥作るってよ(Startup in Asia)をお読み頂きありがとうございました。 

お仕事のご依頼やインターンのご相談等あれば、お気軽にご連絡ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村